積算と見積りの違いとは?大事な工程は外注・代行依頼がおすすめ

HOME > 積算代行をお考えの方へ > 積算と見積りの違いとは?大事な工程は外注・代行依頼がおすすめ

6-0.jpg

見積りとは積算に利益を加えたもの!積算と見積りの意味を解説

積算や見積りはプロへの依頼をおすすめします。積算とは工事全体にかかる費用を明らかにするもので、見積りとは積算結果を踏まえたうえでそこに利益を考慮したものです。見積りを出すためには積算が欠かせません。

積算はプロへ依頼するのがおすすめ!見積りとの違いとは?

積算と見積りは同じだと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、積算とは何か、見積りとの違いについて解説します。

積算とは

積算とは、工事全体にかかる費用を明らかにすることです。工事には材料費や人件費など様々な費用がかかり、それらを明らかにするために必要なのが工事の図面や書類です。

 

例えば、図面を確認すれば何を建設するのか、どのような工事を行うのかがわかります。それが把握できれば、工事を行うために必要な材料も自然とわかります。

違いについて解説

また、図面を見れば工事のボリュームや全体像もわかるため、人件費の算出も可能です。このように、工事の様々な要素を把握して、積み上げていくように計算するため、積算と呼ばれているのです。

積算の重要性

積算は建設業において非常に重要な作業です。その理由として、積算次第では工事を行っても利益がわずかしか生まれない可能性があるからです。工事を行う際には、工事の依頼主からお金をいただきます。費用をどんぶり勘定で設定するとどうなるでしょうか。予想以上に費用がかかった場合、工事を行って依頼主から報酬を貰ったのに、利益が生まれない可能性もゼロではないのです。むしろ赤字になってしまう可能性もあります。似たような工事であれば、細かく積算をしなくても問題ないと考えるかもしれません。

 

しかし、建設業では全く同じといえる工事はほとんどないため、過去の積算結果の流用はできないのです。そのため、工事ごとにしっかりと積算を行うことが重要です。工事を行う上で利益が生じないと、社員に給料を支払ったり、会社を運営していくうえで必要なお金を支払ったりできません。積算を疎かにすると、社員の生活にも影響が及ぶ可能性もあるのです。

積算と見積りの違い

積算と見積りはどちらも工事費用を知るための業務なので非常に似ていますが、異なるものであるといえます。先ほども述べたように、積算とは工事全体の費用を知るためのものです。しかし、見積りは工事全体の費用に利益を加えたもので、積算+利益で求められます。工事を行う上で利益はもちろん重要なため、見積りの作成は必ず行わなくてはいけません。

 

その見積りを作成するために、積算が不可欠なのです。積算をしっかりと行うのはもちろんですが、それだけでは不十分です。精度が高い積算を行うためには、専門的な知識やノウハウを有している人への依頼が欠かせません。しかし、会社にそういった人材が在籍していないケースもあるでしょう。社内に積算に対応できる人材がいない場合におすすめなのが、積算代行や外注の利用です。経験豊富な専門家に任せることで、高い精度の積算が実現します。

建設会社の業務において非常に重要な積算はプロに任せよう

工事をただ行っているだけでは会社として成立しておらず、工事を行って利益を生み出しているからこそ会社として存続できます。その利益を生み出すために必要なのが積算です。

 

積算を正しく行うことで、作業内容に対して適切な報酬を求めることができます。積算を行わないと、作業にかかる費用がいくらかを把握できません。正確な費用がわからなければ、適切な報酬も求められないことになり、その状態で工事を続けていくと、どんどん赤字が膨れ上がってしまう可能性があります。

 

建設会社は工事を行うだけでなく、必要な資材などを確保するために積算を正しく行って、正当な報酬を求めることが大切です。EmpowerUsでは、積算代行サービスを提供しています。

積算の代行

積算は知識や経験が必要なため、人材の確保や育成が必須です。自社での実施が難しい場合は、代行依頼や外注がおすすめです。プロに依頼すると、工数の削減や業績アップが期待できます。積算代行を依頼したい場合は、ぜひEmpowerUsにご相談ください。

積算の見積もり代行を依頼したい方はぜひEmpowerUsへ

​会社名

​代表者

​本社

事業内容

株式会社EmpowerUs

額賀達也

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢3丁目39−9 OLIO奥沢201号室

営業組織に向けたコンサルティング
建設業界向け業務効率化システムの開発・販売

連絡先

代表取締役

額賀達也 NukagaTatsuya

URL